人にやさしい舞台づくりを― ニチブ株式会社

ニチブログ あなたの心を動かすところに、ニチブの可動舞台

透明人間

設置も操作もラクラク簡単

ブレークダンスしても安心感抜群の可動ステージ!!

2018.05.10

  • 安全面・品質向上・開発
  • その他

壁面収納可動式ステージのニチブです\(^o^)/
三機関協働学び合いプロジェクトのプロジェクトミーティングをニチブにて行いました。
今年度の初回ということで、昨年から引き続き参加してくれている方とともに新しく参加される方もいるため改めて本事業のコンセプトや進め方、弊社についての会社説明から始めました。


昨年からの担当者が突発的な対応に追われたことにより、不意に託されたにも関わらず弊社若手社員2人がしっかりプロジェクトを進めてくれました。
不意と言いながら半分は確信犯的に席を外したのですが...(^ω^)
しかしながら、突然の役回りでも力を存分に発揮してくれたことは弊社にとって大変収穫のある出来事となったとともに、更なる新しい風が吹き益々面白味のある事業になっていく予感たっぷりで楽しみですo(^▽^)o

 
名古屋工業大学の学生さんには、ミニチュアステージを実際に見て操作していただきました。
今年のメンバーもみんな好奇心旺盛で興味津々です(^^)
何よりも驚いたのは、学生さんがステージ上でブレークダンスを踊ってくれたことです(゚д゚lll)


ミニチュアとはいえ、ニチブのステージは耐荷重バッチリなので激しい動きをしても安心感抜群です!!
今年度も多彩なキャラクターのメンバーに恵まれ、本事業はどんどん面白くなっていきますo(^▽^)o
収納舞台・折畳み式ステージの困り事は、専門メーカーのニチブへご相談ください!!

可動式ステージ業界発展へキックオフ!!

2018.04.24

  • 安全面・品質向上・開発
  • その他

壁面収納式可動ステージのニチブです\(^o^)/
三機関協働学び合いプロジェクトの平成30年度キックオフミーティングを名古屋工業大学にて行いました。本事業に参加する企業10社(新規参加3社)によるキックオフです。
早いもので弊社の本事業は最終年度となります。
1年目、2年目と多岐にわたり取り組んできた内容と最終年度で目指していく姿を弊社若手社員と学生さんによる2人で発表してくれました。

 
今年度、本事業の中心を担う弊社若手社員ですが、緊張しながらも少しでも耳を傾けてもらえるよう思考を凝らして発表している姿は頼もしいものがありました。笑いを狙ったところは、ややウケ程度で本人は悔しがっていましたが...(^_^;)
学生さんの発表は相変わらず安定感があり、聞いていて安心感があります...ほんとに素晴らしい(^O^)
本事業は参加者全員が相互に学び合うことが大きな目的で、期間内に無理矢理成果を求めないことが特徴的な事業ではありますが、弊社としては既に成果を出している事例もあり、更に今年度もしっかり成果に結びつけていきたいと考えております。
また、発表だけでなく発表後の懇親会での異業種他企業様との意見交換はとても刺激のあるもので、更なる可動式ステージ業界発展への活力に結び付きますo(^▽^)o
本年度も改めて始まりますが、関係者の皆様方、引き続きよろしくお願い申し上げます。
収納舞台・折畳み式ステージの困り事は、専門メーカーのニチブへご相談ください!!

フォークリフト資格講座

2018.04.10

  • 安全面・品質向上・開発
  • その他

壁面収納式可動ステージのニチブです\(^o^)/

 

先週、私はフォークリフトの資格を取得しに行きました。
弊社では倉庫作業をするのにあたってフォークリフトが必要となってきます。

 

フォークリフト講習は4日間と長く、1日は学科で3日間は実技となります。
それぞれ最後に試験があるのですが、やはり慣れないものですね、内容は簡単と解っていても緊張してしまいます。
しかも、力学も学んだので、学生の頃が懐かしく思えました。
って私は文系でした(^▽^;)

 

実技の方では、2班に分かれて行ったのですが、私の班は女の子もいて、インドネシア出身の方もて、終始笑いの耐えない和気あいあいとした楽しい班でした(笑)
走行練習や荷揚げ練習も面白く、倉庫だけでしか運転できないのは、何か残念な気もします。

 

無事に取得することができ、今後の仕事にも活かしていきます!

丸のこの力は馬1.5頭分

2018.03.26

  • 安全面・品質向上・開発
  • その他

壁面収納式可動ステージのニチブです\(^o^)/

 

先日、丸のこ等取扱作業の安全講習を受けてきました
ここ最近できたばかりの資格で、ベテランな大工さんから私のような新人さんまで、幅広い方が受講をしていました。

 

普段みなさんが使用しているその丸のこ
どのくらいのパワー(威力)があると思いますか?

 

人間は100W
関取は200W
と言われている中、丸のこは「1100W」

 

分かりづらいですよね
実はこの「1100W」という力は、「馬1.5頭」分に該当するのです
つまり、人の片手で馬1.5頭をコントロールしていることになります
これが暴れてしまったらとても危険ですよね。
暴れた馬1.5頭を、しかも片手で押さえつけようなんて不可能な話。
なので、正しい使い方を学び、正しい環境で、横着をせずに使用する必要があります。

 

ベテランな職人さんは特にそうなのですが、自己流の使い方や、作業効率を考えるあまり不適切な環境・姿勢など、まちがって使用している方が多いとのこと。
たまたま運よく事故に繋がっていないだけで、実際は紙一重なのです。

 

私たちニチブは、その様な間違って認識されてきたやり方を排除し、慣れによる不注意等もなくし、点検を常日頃から行ない、正しい使用を心がけて、安全作業に取り組みます!

 

三機関協働学び合いプロジェクト 平成29年度 最終報告会

2018.02.27

  • 安全面・品質向上・開発
  • その他

壁面収納式可動ステージのニチブです\(^o^)/
三機関協働学び合いプロジェクトの平成29年度最終報告会を名古屋工業大学にて行いました。
今回は参加企業10社による報告会で、我がプロジェクトは弊社社員と学生さんによる2人での発表です。


弊社社員は練習の甲斐あって内容を理解し、「自分の言葉で」しっかり発表を行なってくれました。
大勢の人前で話す経験が少ない彼ですが、とても安心して聞いていられました(^O^)


学生さんには主に「2泊3日で行なった点検研修」について発表していただきましたが、とても落ち着いた話しぶりで内容もわかりやすく大変感心させられました。
自分達が同年代の頃を考えると恥ずかしくなってきます...(^_^;)


1年をまとめてみると、大変多岐に渡った内容が行なわれてきたことを改めて感じるとともに2年目ということで具体的な効果として結果に現れたものがたくさんあることを実感します。
それもこれも本事業に携わっていただいている方々の協力あってこそだと思いますo(^▽^)o
本事業は来年度も続いていきますが、益々可動式ステージの発展に繋がるよう精進していきたいと思いますので関係者の皆様方、引き続きよろしくお願い申し上げます。
収納舞台・折畳み式ステージの困り事は、専門メーカーのニチブへご相談ください!!